• 小野田 孝

番外編 大谷翔平選手と「コトづくり大国」への道


 前回に続き、番外編となることをお許しいただきたいと思います。なにしろ最近の私は、海を越えて米大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平選手(27)に夢中で、日々進歩する彼にただただ感服し、彼のことばかり考えているので、すべての事象がそこに結びついてしまうのです。いや、大谷選手自身が、今私が語りたいすべてを包含した存在である、ということかもしれません。今回のジャーナルでは、大谷翔平選手の活躍や振る舞いを通して、日本の未来をご一緒に考えていきたいと思います。

アメリカ・アナハイムにあるロサンゼルスエンジェルスのホーム球場=画像提供・旅人 / PIXTA(ピクスタ)


■野球の国の固定概念を変える


 投打二刀流で活躍する大谷選手については、ここで語る必要もないほど連日報道されていますが、私が注目するのは、彼が米大リーグの固定概念やルールを変えようとしている、という事実です。


 大谷選手は日本時間の7月14日、コロラド州デンバーで行われる大リーグのオールスターゲームに出場します。アメリカンリーグの指名打者部門でファン投票の1位、ピッチャーとしても選手間投票の先発投手部門で5位に選出されたことが理由です。ところで、「二刀流をオールスター戦で見たい」という声は日増しに高まってはいましたが、大リーグ機構のルール上、これまでは投手と指名打者の両方での出場は難しいとされていました。しかし、アメリカンリーグの監督を務めるキャッシュ監督は7月5日、大谷選手が「投げることになる」と断言し、大リーグの常識やルールを超えた「大谷特別ルール」で、彼の投打の活躍を見たいという世界中のファンの期待にこたえる姿勢を見せました。二刀流でのオールスター戦登場が実現すれば、大リーグ史上初のことです。それを大谷選手が成し遂げるのです。


 さて、この27歳の「野球少年」は、岩手県奥州市で社会人野球の選手だった父、バドミントンの選手だった母のもとですくすくと育ったようです。体格に恵まれていたことも成功要因の重要な一つではありますが、純粋に好きな野球に夢中になり、誠実に努力を重ね、仲間を大切にしながら高みを目指したことが今日の礎になったのでしょう。日本人が得意とする「勝ちパターン」を丸ごと体験してきた少年兼青年なのです。その彼が今、世界最高峰の舞台で二刀流を実現しています。米国の国技でもある野球の、長く積み重ねられてきた「投打二刀流などあり得ない」という固定概念を大きく崩し、野球の楽しみ方まで変え、ひょっとしたら「新たなスポーツ」といえるまでに変質させようとしています。

大谷翔平選手の出身校、岩手県の花巻東高校=画像提供yamahide / PIXTA(ピクスタ)


 大谷選手の活躍は極めて象徴的ですが、よくよく見てみればスポーツの領域に限らず、音楽、絵画、ファッション、料理、建築、文学、科学などあらゆる領域で、多くの日本人が誠実、実直、まじめ、努力、謙虚という日本人が元来持っている資質を基盤にしながら、本人たちの猛烈な努力と周囲からの支援、さらに天運にも恵まれて世界で活躍をしています


 日本のこれからの「リポジショニング」を考えるときに、私は彼らに共通する資質に大きなヒントがあると思っています。前号で私は、「日本が、『経済大国』でも『軍事大国』でも『領土の広さ』でも『人口の多さ』でもなく、全く新しい価値基準で『大国』と呼ばれる日は来るのでしょうか」と書き、何かの圧倒的な優位性のある国家でありたいと論じましたが、改めて、大谷選手をはじめとする世界での成功を担保するに値する国民気質から、ヒントが見えているように思います。



■リープフロッグの光と影


 もう一つ別の角度から、リポジショニングのヒントを探ってみたいと思います。最近とみに聞く機会が増えた「リープフロッグ現象」。リープフロッグ現象とは、それまでの変遷がない状況で、いきなり最先端のものが普及する事象のことをいいます。階段を一歩ずつ上がるのではなく、まるでカエル(frog)が跳んでいる(leap)ように見えることから、このように呼ばれます。


 リープフロッグ現象が起きる条件としては、①需要が一定以上あること。②最先端のモノやサービスを手に入れる資金があること。③さらにそれらを使いこなす土壌があること。などがあります。①家でも、車でも、あるいは化粧品でも電話でも、社会に一定以上の数の需要が喚起されており、大勢が「跳びたい」と思わないとリープフロッグ現象は起きません。②また、これらの新しいモノたちは、多くの場合、暮らしを豊かにするものであり、そのための資金が必要です。③さらに、新たなモノ・サービスを使いこなすための基本的な知識が必要になります。例えていえば、文字が読めなければスマートフォンのメールやSNSは使いこなせないし、お金がなければ電気自動車は買えないということです。


 リープフロッグで「最先端」を手に入れた国や国民は、いきなり世界一のモノの価値に触れ、その恩恵を享受します。更に先進国にある既存の工場をコピーすることで現地生産も始められます。自分たちで試行錯誤や失敗を重ねることなく、いきなり高品質の完成品に囲まれるのです。効率的でハイエンドな状態が、短期間でその国や地域に出現する。その結果、見違えるような国、見違えるように便利で高機能な生活空間が現実のものになるのです。


 ところで。そのリープフロッグの光には影が付きまといます。試行錯誤や失敗の経験がないということは、蓄積した学習成果がないということです。このことは、リープフロッグの次の段階を目指そうとしたときに、拠り所となるオリジナルのメソッドを持ち得ていないことを意味します。本来、企業が社会や顧客に提供する価値は、顧客のニーズを読み解き、サービスや商品がニーズを充足しうるかどうかを試行錯誤しながら研究し、試作を重ねたうえで市場に投下していきます。それでもデザインが共感を呼ばなかったり価格が折り合わなかったりして、なかなかメジャーになれないものも多いのです。この水面下のつらい学習が、やがて市場に強く支持される商品やサービスを生んでいきます。ヒット作の裏側で語られるストーリーですね。リープフロッグにはこの下積みのストーリーが無いのです。従って、リープフロッグで生活水準を変えた人々は、リープフロッグで進んでいかなければならない、常にジャンプし続けないと停滞する、という呪縛を抱えます。中国経済が抱える限界の可能性や、アフリカや中央アジアといった、リープフロッグ現象が起きている新興国に危惧されることです。



■「モノづくり大国」から「コトづくり大国」へ


 私たちは、目覚ましい発展を遂げる若い国や地域の変貌に目を奪われがちですが、このような国々に嫉妬したり、恐れたりする必要はありません。日本は、第二次世界大戦後の敗戦の廃墟から奇跡的な復興を果たした国ですが、私たちの歩みは、今でいうリープフロッグとは一線を画しています。飛躍的な成長という意味ではカエルの跳躍と似ていますが、日本の跳躍は、連続性があり、裏付けがありました。試行錯誤のストーリーがありました


 今のリープフロッグが、「モノ」を手に入れることだとしたら、日本のジャンプは「コト」から生み出されたものでした。ここでいう「コト」とは、モノが生み出される背景です。背景とは、ニーズが発生した「わけ」です。はたまた、ニーズが満たされた姿の共有です。つまり、コトとモノが常に連関しながら、コトを実現するためにモノが生まれ、開発され、利用されるというプロセスが日本のジャンプの構造なのです。 

 

 小さな島国が、開国後はいくつもの近隣諸国と戦火を交え、先の大戦では被爆国になり、終戦後は世界有数の経済大国になり、今は世界最長寿国となった、さらにはこれから先100年は少子化と超高齢化に向き合っていくという稀有な歴史と経験。また日本人が元来備えている「感受性」「想像力」「思いやり」「慈悲深さ」「創造性」「忍耐力」「謙虚さ」などの気質。世界の様々な条件下で生きている76億人の「コト」を丁寧に研究することにおいて、多様な想像力を発揮することができ、これまで積み重ねてきたモノづくりの力との融合により、世界に新たな価値を提供できると考えます。


 モノづくり大国から、コトづくり大国へ。前述のように日本の優位性を「コトづくり」と定義づけることができれば、前号の私から皆様への問いかけへのひとつの答えは「コトづくり大国」ではないか、と思います。


 大谷選手の話に戻ります。彼が米国中の人々の心をわしづかみにしたのは、そのプレーだけでないことは、日々伝えられる姿を見れば明らかです。何気なくバットボーイの労をねぎらったり、折れたバットをさりげなく片付けながらベンチに引き上げたりする行為、戦いの場であってもおそらく無意識に優しさをふりまき、にこやかに話しかけたりする姿。プレーだけでなく、これらが多くの人々の共感を得たのでしょう。大谷選手の野球選手としての技術が高機能で最先端の「モノ」だとすれば、彼がまとうおおらかさや人間性は「コト」に当たります。モノとコトが見事に連関して、愛すべき大谷翔平という至宝が育まれているのです。ゆえに、大谷選手は「コトづくり大国・日本」の象徴だと、私は思います。

 

 大谷選手の活躍とともに、私たちが目指すべきリポジショニングが見えてきたように思います。2回続けて脱線しましたが、次号からはこのシリーズのメインテーマであるSDGsに話を戻します。SDGsが目指すあるべき社会の姿とは、まさに「コトづくり大国日本」が掲げるべきターゲットです。リポジショニングの解が見えてくることを期待します。

<筆者プロフィル>

小野田孝 ONODA TAKASHI

1959年横浜市生まれ。横浜国立大学経営学部卒。1983年株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)入社。HRM領域やダイレクトマーケティング領域に関する民間企業の課題解決支援を担う。2005年に独立、現在は株式会社小野田コミュニケーションデザイン事務所 代表取締役。企業の事業価値向上を支える変革組織と変革人材に関するコンサルティングサービスを提供している。

※「オノコミ・ジャーナル~衰退局面の日本を反転させる処方箋」は、毎月12日、28日に更新します。



最新記事

すべて表示